キャッシング審査に通りやすくなる条件

キャッシング審査に通りやすくなる条件とは?

キャッシングでは、返済が滞った場合に備えて通常必要とされる、担保や保証人が必要ありません。そのため、キャッシング会社にとっては、その人に返済能力があるかどうかを知ることは非常に重要なことであると言えます。

キャッシングの審査には、キャッシング会社が融資を行った相手に返済能力があるのか、いい加減な人物ではないかを確認するという意味があります。したがって、キャッシングを利用する際に、審査を避けて通ることはできません。そうなると、審査に通るかどうかがかなり気になりますよね。そこで、キャッシング審査を通しやすくする条件について考えてみましょう。

まずは、キャッシング審査の際にはどのようなことが重視されるのか見ていきます。審査で重視されるのは、職業・年齢・勤続年数・住居・年収などであると言われています。これらを元に、返済能力がどれくらいあるのかを判断しているのです。それでは、これらを元に何を見られているのか、もう少し詳しくまとめてみます。

・返済できる余力があるか
収入が多いほど、勤続年数は長いほどよい。収入が低くても、毎月決まった収入がある方がよい。ローンや家賃などの毎月出ていく支出が少ないほどよい。

・他社からの借り入れや事故歴
他社からの借り入れ件数が多くないか。他社のキャッシング審査に落ちていないか。

・居住形態
持ち家であれば返済が滞った場合それを売却することも考えられるため、返済能力が高いと見なされるため、借家より持ち家の方がよい。責任を持っていると思われるため、同居家族がいる方がよい。

・申請している情報の信頼性
名前、住所などの記入された情報が正しいかどうか。連絡がきちんとつくかどうか。

・借り入れ希望額
年間の収入の3分の1を超えていないか。いきなり高額な希望額の申し出をしていないか。

それでは、これらの基本的な情報を元に、レイクの場合について見てみましょう。レイクの場合も同様で、上記のような条件を元に総合的に判断しています。しかし、これらの条件は、キャッシングを受けたいからとすぐに変えられるものではありません。では、少しでも審査に通りやすくするにはどうすればよいのでしょうか。

そこで、判断基準の中に借り入れ希望額があることに注目してみましょう。まず、借り入れ希望額が年収の3分の1を超えている場合は、ほぼ審査に通りません。また、初めて融資を申し込む場合、まだキャッシング会社としてもその人が信頼できるかどうか判断できかねる状態ですよね。そのため、いきなりの高額の融資の申し出は断られる可能性が高くなります。つまり、逆に言えば、審査に通りにくいと感じたら、希望借り入れ額を下げるだけで審査に通る可能性も実はあるのです。

また、他社からの借り入れ件数が3件を超えている場合も、かなり厳しくなります。これは、借り入れ金額よりも件数の方が重視される傾向にあります。そのため、普段からあちこちのキャッシング会社に融資を申し込むことは避けるようにしておきましょう。

上記のようなことから、審査に通りやすくするために、虚偽の申請は決してせず、借り入れ希望額をできる限り抑えてみましょう。