おすすめの借り入れ方法

どのような方法がある?おすすめの借り入れ方法とは

いざお金を借りたいと思っても、近くに店舗がない、仕事が抜けられず店頭に行く時間がないなどの事情もありますよね。特にすぐにお金が必要な場合、そのような状態になると慌てるものです。しかし、借り入れの方法によって、店頭に行かなくて済む場合もあります。そこで今回は、レイクで融資を受ける場合の借り入れ方法について見てみましょう。

借り入れには、金融口座振込みと、レイクATMまたは提携ATMを利用する方法とがあります。金融口座振込みには、後日の振込みと即日振込みがあり、即日振込みでは、本人名義の金融機関口座があれば当日中に振込んでもらうことが可能です。ただし、申込の時間によっては当日の振込みが無理な場合がありますので、この方法を利用する場合は時間帯に注意が必要です。

レイクATMを利用する場合は、夜間や休日でも手数料無料で利用することができます。また、コンビニなどに設置されている提携ATMを利用する方法もあります。これは、店舗が近くになくても全国各地で利用することができる点で便利です。

これらの借り入れ方法は、申込方法によって使える場合とそうでない場合があります。そのため、借り入れたい方法で借り入れができるように、詳しい流れを知っておきましょう。そこで、次は申込方法と契約方法について見ていきます。

申込方法にもパソコン・携帯電話・自動契約機・電話・郵送の5種類があります。携帯電話を利用する場合は、オンライン審査とオペレーター審査の2つの方法を選ぶことができます。さらに、契約方法には4種類あります。これも申込方法によってできる契約方法が決まっています。少し複雑に思えますので、1つずつ確認していきましょう。

・インターネット
この方法での契約が可能な申し込み方法はパソコン・携帯電話・電話。パソコンや携帯電話からであれば、審査後契約手続きのフォームに記入する。電話からの申し込みであれば、契約手続きのフォームを開き、必要事項を記入する。本人確認書類の提出もメールやファックスで行うことが可能。この方法であれば、申込の時間によっては当日中の振り込みができる。借り入れ金は指定の金融機関口座に振り込まれる。ATMでの借り入れもできる。

・自動契約機
自動契約機での契約が可能な申し込み方法はパソコン・携帯電話・電話・自動契約機。タッチパネルを操作して契約する。本人確認書類として運転免許証を自動契約機にセットする。持っていない場合は健康保険証などでも可能。契約書が発行されたら、内容を確認して署名し、自動契約機にセットする。発行されたカードを受け取り、併設のATMを使って借り入れをする。即日振込みも利用できる。

・ファックス
ファックスで契約可能な申し込み方法はパソコン・携帯電話。申込内容を元にレイクから必要書類がファックスされる。ファックスにて必要書類と本人確認書類を送信する。レイクにて書類の確認後、本人名義の金融機関口座に振り込まれる。即日振込み、ATMでの借り入れも可能。

・郵送
郵送での契約が可能な申し込み方法はパソコン・携帯電話・電話。契約書とカードが郵送されるので、必要書類に記入したのち、返信用封筒で返送する。ATMで借り入れをする。

以上を見てもらってわかるように、郵送の場合は即日振込が利用できません。そのため、急いでいる場合にはインターネット・自動契約機・ファックスでの契約が向いているということになります。オペレーターと相談したいのであれば、来店して自動契約機で契約する必要があります。このように様々な流れがありますので、どのような借り方をしたいのかまず決めて、それに合った申込方法と契約方法を選ぶようにしましょう。