クレジットカードとカードローンの違い

クレジットカードと、レイクで扱うカードローンとの違いとは

クレジットカードを持っていて、実際に利用したことがあるという人は多いのではないかと思います。一方、カードローンを利用する際にも、キャッシングカードが発行されてそれを使うことになります。一見似ているようにも思えますが、両者に違いはあるのでしょうか。

まずは、クレジットカードについて見ていきます。クレジットカードの主な機能は、商品やサービスの代金の支払いの際に現金ではなくカードを利用して支払う決済手段としての機能、代金の支払いを分割払いやボーナス一括払いにする信用販売機能です。

これは、クレジットカードが利用できる店舗で商品やサービスを購入した際、クレジット会社が支払いを肩代わりし、後でカードの所有者に商品代を請求するという流れになっています。そして実は、クレジットカードにはキャッシング・ローン機能も付いており、それを利用することもできるのです。これらの、クレジットカードが持つ機能を利用すれば、手元に現金がなくても商品を購入したりサービスを受けたりすることができます。

さらに、クレジットカードを持っていることによるメリットが他にもあります。それは、クレジットカードにつけられている様々なサービスが利用できることです。例として、利用額に応じてポイントがつき、そのポイントに応じて現金・商品券・商品などと交換することができるポイントサービスがあります。また、旅行の傷害保険やショッピング保険などの付帯保険がついていたり、指定の店舗でカードを利用すると割引やチケットの優待販売を受けることができたりすることもあります。

このように、持つことによってメリットがたくさんあるクレジットカードなので、積極的に利用したいと思いますよね。ですが、クレジットカードにも利用限度額があります。発行当初は年齢や年収、職業などを元に限度額が決められていますが、クレジットカードの利用実績によっては限度額が上がることがあります。逆に、返済が滞ると限度額が下がることもあります。また、利用できるからとよく考えずに利用していると、気付いた時には利用額がかなり大きくなって返済に困るということがないとも限りません。そのため、利用することが必要であるかどうかよく考えてから利用するようにしましょう。

また、クレジット会社は、利用代金の肩代わりをしたり、融資を行ったりするため、カードを持つ人を審査します。信用に基づく取引のため、この流れは当然のことと言えますよね。

一方、カードローンで利用するキャッシングカードは、お金を借りること自体を目的としたものです。これは、カードを使うことによって融資を受け、これを毎月返済をしていくという流れになっています。利用する際には、利息が必要となります。キャッシングカードを利用する場合も、クレジットカードの場合と同じように審査があります。また、利用限度額も設定されています。こちらも利用状況によっては限度額が増額される可能性がありますが、返済が滞ると融資が受けられなくなることもあります。

今までの話をまとめると、相違点としてはクレジットカードは商品やサービスの代金をクレジット会社が肩代わりしてくれ、利用することでさまざまなサービスがつくもの、キャッシングカードはお金を借りることを目的とするものであるということになります。共通点としてはどちらも審査があること、限度額があること、返済が必要であることです。

どちらにしても、返済できない状況を作ってしまっては意味がありませんので、返済できる範囲で利用しましょう。また、それぞれのカードが持つ意味を理解して、有効に活用できるようにしましょう。